MENU

眉毛を生やす為の病院は?

若い時に流行りの細眉にしたくて、繰り返し抜いたりしているうちにだんだん眉毛が生えて来なくなってしまった場合に病院で生やすことが出来るかどうか気になりますよね。

 

そこで眉毛の薄毛や抜け毛治療に病院での診療は有効かどうか調べてみました。

 

病院での眉毛の植毛について

病院で行なう眉毛を生やすための治療で、一番メジャーなのはやはり植毛では無いでしょうか。

 

病院で行なう眉毛の植毛は、髪の毛に行われる植毛等と同様に、自分の後頭部に生えている髪の毛を毛根から採取してこれを1本ずつニードルで眉毛に植えていく方法になります。

 

この方法は自分の細胞を使っていることから、定着率が非常によく、植えた毛の9割が定着してさらに成長すると言うメリットがあるので、現在行われている眉毛の植毛はほとんどこの方法で行われています。

 

一方でより安く行なうことが出来る眉毛の植毛の方法として、人工毛を植毛する方法がありますが、こちらは手軽に行なうことが出来る代わりに、すぐに抜けてしまったり、拒否反応で皮膚に炎症が起きたりと定着率がよくないと言うデメリットがあります。

 

眉毛の植毛の予算

病院で眉毛を生やす治療は植毛が中心とお話してきましたが、気になるのはやはりお金がいくらかかるのかと言うことですよね。

 

植毛にかかる予算は細かい部分に関しては病院により異なるのですが、通常、眉毛を抜いてしまって生えて来なくなった女性が施術を受ける場合には平均すると50万円程かかります。

 

眉毛の植毛は健康保険の効かない保険外診療になるので、治療費もそれなりに高くなってしまうみたいですね。

 

植毛以外の眉毛を生やす治療

病院では植毛以外にも眉毛を生やすための治療が行われています。

 

この治療は眉毛の再生治療といわれていて、眉毛の発毛に効果のある薬液を毛根の内側に注入して、弱ってしまった毛根に刺激を与える事により、再び活性化させる事により眉毛の発毛を促す治療方法です。

 

この方法は眉毛の成長期、退行期、休止期という毛周期が乱れることにより、長い間休止期に入ってしまった眉毛の毛根に刺激を与えて、正常なヘアサイクルに戻すことにより眉毛の成長を促す方法です。

 

この方法のメリットは治療費が植毛よりも安く済み、さらに眉毛の毛周期は髪の毛よりも短く、3、4ヶ月ほどなので、効果を実感しやすいことです。